姙娠しやすい体へ変わる【人生HAPPYドキドキ】

医者

女性にしかかからない病

エストロゲンの分泌を正常化させることで、子宮筋腫の予防に役立ちます

医者

子宮筋腫を患った場合には、早急に治療を受ける必要があります。ただそれほど筋腫が大きくなく子宮に悪影響を与えない場合は、手術をしないで様子を見ることも多いようです。ところで子宮筋腫は食生活の改善のほか、サプリの常用で予防することも可能です。子宮筋腫が発症する原因にはエストロゲンの分泌の低下や、ストレス・免疫力の低下などが挙げられますが、これらの原因を取り除くのに有効なサプリがプラセンタやローヤルゼリーだといわれています。どちらもエストロゲンの分泌を正常化することで女性ホルモンのバランスを整え、免疫力を高めてストレスに悪影響を受けにくい体質に改善していきます。30代に入る頃から食事内容の工夫とともにこれらのサプリを常用することで、子宮筋腫をはじめとする婦人病の予防につながります。

サプリの有効成分を凝縮して配合することで、より予防効果が上がります

プラセンタやローヤルゼリーのサプリには、メーカーの技術を生かして製造された商品も少なくありません。例えばプラセンタがより体内に吸収しやすいように微粒子化したり、成分を濃縮して配合することでカプセルを小型化するなどして、毎日続けやすい形状や大きさにしてあります。またローヤルゼリーの場合は、女性ホルモンを正常化するのに特に優れた成分といわれているデセン酸をより多く配合することで、サプリの効果を早く実感できるように改良されています。子宮筋腫を効果的に予防するためには、継続的にこれらのサプリを摂取し続ける必要がありますので、毎日続けて効果が早く実感できるように研究開発が進められてきているのです。最近ではプラセンタやローヤルゼリー、イソフラボンなど女性の身体に効果のある成分を一つにしたサプリやドリンクも販売され、更年期を迎える前の女性に人気を集めています。